作成したソフトウェアのテストをする事の大切さ

###Site Name###

ソフトウェアを開発する場合に必ずしておきたいのが、作成したソフトウェアのテストです。
大概の場合、モジュール単位や関数単位等の単体テストや機能テストは、コーディングをしたプログラマーが行うでしょう。



しかしそれだけがテストでは無く、最低限度のテストに過ぎないという事を忘れてはなりません。

またテスト設計も、作成したソフトウェアがどの様な目的の為に行われているのかによっても変わって来ます。
例えば、開発しているソフトウェアが銀行等の金融関連や、鉄道や道路の交通インフラ等を制御するシステムであれば、社会的な問題になってしまいます。ですからこの様な分野でのテストは、非常に厳しく細部に至るまでのテストが行われるのが一般的です。


また、日本全国から一斉にアクセスが集中する様な場合は、十分なパフォーマンスが出るのかを確認する為に、性能テストや負荷テストを行うでしょうが、ソースコードレベルのテストケースもテスト項目に入れる必要があります。

Hatena Keywordの最新情報をご提供します。

そしてミッションクリティカルな分野ではそのテスト項目に、あらゆる条件下を検証する為に、ブラックボックステストよりも厳しい、ホワイトボックステストを加えるのが理想的です。

また昨今ではインターネット上に提供するサービスであれば、セキュリティテストも加え、不要なポートが開いていないかチェックする事が推奨されます。

付け加えるなら、使用するOSやアプリケーションを最新バージョンにする必要があるか否か等のテストも実施すると良いかも知れません。